アン王女

ギリスのエリザベス女王のたったひとりのムスメさん、アン王女70になりました。でもなんていうのかなぁ、、彼女は別格。
女王に娘としての立場でものがいえるのは彼女だけ(って、ムスメはひとりしかいないけど、そういう意味ではなく)。
いちょもくおいtwる米、クイーンも。国民もかな。
決して目立たないけど、でもちゃんと公務をしてるし、余計な事言わない。
馬が好きでオリンピックにも出ちゃう。
一度はゆうかいされそうにもなったけど、勇敢だった。

アン王女にはお子さんは慰安すが、タイトルは不要ということで与えなかった。
それがゆえに、もあるし、目立たないようにしてるから目立たないんだけど、とてもお行儀がいいらしい。
目立たないってところがもう品がいいよね。
どうしたって目立ってしまうんだし。

なのでメーガンのような、離婚歴があって(これ自体はどうでもいいことだけど、、でも、、です)、
元女優で、目立ちたがりなひとてゃどうしても比べてしまうのです。
お金には目はくらんでないと思ってたけど、実はお金が大好きっぽいし。
いちど贅沢してしまうともう元には戻れないって本当かもですね。

女優業もどこまでの実力なのか分からないけど、カメラにだけは慣れてる。
なんかね、、アン王女の方が絶対にもっと表に出るべく人間性を兼ね備えていつはず、って思います。

このブログ記事について

このページは、としこが2020年11月 1日 18:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アンチエイジング?」です。

次のブログ記事は「お好み焼き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。