医局勤務の医師による年収を聞いてみたよ

医師の年収平均は、おおよそ800万円~1400万円前後と言われております。
しかし、この平均年収も病院の規模により異なりますし、各医師の勤めている場所によっても異なりますから、一概にすべての医師の年収がこの数字に当てはまるというわけではありません。

つまり、医師の年収は、各勤務先により異なり、この平均額より上回る収入を得ている医師もおり、尚且つ下回る医師も存在するという事になります。
尚且つ医局に勤める医師の収入は、民間病院等よりも低く、医局に勤める20代~30代医師の場合、最低300万円となり最高でも600万円前後と言われていますから、医師の全国平均年収額より低いということになります。

最近は、医師によるバイト者も急増し、医師職をする上でバイトも兼務しているという医師が多い背景には、こうした医局勤めの医師による年収の低さが考えられるわけです。
例えば、医局の場合、講師から助教授、教授というコースを歩む事となりますが、このコースがすべてお医師に当てはまるか?といえば、必ずしもその道が用意されるわけではないとも考えられますし、それにより不満を抱えても仕方がないという面もあります。

医局に勤める医師は、教授になり始めて医師の全国平均の年収に追いつくという事になりますから、そもそも収入は、他勤務先よりも劣るという事は多分に言えると思います。
医師のバイト希望者の中には、年収300万円単位の医師だけでなく、講師や教授クラスにおけるバイト希望者も存在する事から、医局における医師というものは、医師職自体も過酷なだけに、非常に収入面にも恵まれない環境なのではないか?と考えるところもあります。

もちろん、600万円、300万円が安いか?という事を聞かれると、必ずしも年収が低いとは感じませんし、実際医師以外の職業なら年収300万円、400万円等ざらにいるわけなので、年収が低いイメージは持ちませんが、医師職を考えた場合、医局における年収は他病院もしくは施設より低くなるという事は、確かだと思います。
こうした事から、医師による転職者も多く、必ずしも収入への不満が転職理由ではないにしろ、多くの医師がこの年収の不満による転職を果たす傾向にある事も事実です。

ですが、医師のみなさんは、このような原因をもとに転職を果たされる場合は、やはり医師専門の転職エージェントを利用し、医師自身の理想が実現できる転職を果たしていただきたいと思いますし、転職エージェントは、理想や目的を叶える事ができる医師のための転職支援サイトといえるのです。

横浜市の医師求人サイト
  横浜市保健行政医師(公衆衛生医師)募集

ひとまず神奈川県横浜市の医師求人事情のリンクを貼っておきます。参考にしてみて下さい!

このブログ記事について

このページは、としこが2013年7月 3日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「病院の常連さん...」です。

次のブログ記事は「ラッキーな私の看護師生活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。