2013年6月アーカイブ

病院の常連さん...

病院で看護師として働いているとたくさんの患者さんと出会います。

中には私が新人時代からずっと来院を続けているある意味常連さんみたいな患者さんも結構いたりします。

そういう人たちは私の姿を院内で見つけるととっても親しげに話しかけてくれます。

私の方もいつも見る顔を見るとほっとするんですよね。

何日も顔を見せない常連さんがいると具合でも悪いんじゃないかな?なんて心配になったりします。

本来病院は具合が悪くなったら来る場所であって、来ないってことはいいことなんだけどね...。

だけど常連さんはやっぱり元気に来院してくれるのが日課になっているからねぇ...。

ついつい出入り口を目で追ってしまったりしてしまう私です。

なんだかちょっとおかしな話だよね...。

健康保険組合の保健師求人

健康保険組合の保健師求人も保健師の仕事としては掲載がある仕事です。健康保険組合は会社が作る健康保険組合と同業者、地域などで作られる健康保険組合、健康保険組合連合会といった種類があります。健康保険組合の中で会社が作っている場合には大半が会社の社員が出向していることが多いですが、専門的知識を必要することもありますので、経験者を外から採用するというケースもありますので、その場合健康保険組合の保健師求人として出されます。そして同業者、地域で作られている健康保険組合においては外部からの採用もあるのですが経験者優先という傾向にあります。医療業務にある程度精通していなければ医者、病院からの不正や過誤請求を発見することができません。細かなことまでチェックをする業務もありますので、ある程度医療業界に精通している人が経験者として採用される傾向にあります。

健康保険組合連語会、これは官庁からの天下りや大手の企業のスタッフが優先される傾向にあります。これまでの就職先と違って少し就職するのは困難ではありますが採用されないというわけではなくて少なくても一般の募集があるのも事実です。募集を自分で探して見つけようと思ったときに一番見つけられるのは意外と会社の健康保険組合になると思いますが大半の健康保険組合は財政困難なところが多いので、前もって調べておいたほうが安心です。また場合によっては会社で廃止しているところもあるようです。

健康保険組合保健師求人を探すのはかなり難しい状況ではありますが、医療関係者でも看護師や介護士の求人は年間を通じて募集が出ていますので、会社でも場合によっては年間募集をしているところもあります。やはり専門知識も経験も必要になってくる仕事なので、その人材の需要があれば募集がありますが、看護師や介護士に比べるとその数は少ないでしょう。

もし健康保険組合の保健師求人を探しているようであれば、転職支援サイトを利用してみるのも1つの方法です。自分ではなかなか見つけられなかった求人情報も、転職支援サイトに登録をしてコンサルタントやキャリアアドバイザーなどに依頼して探してもらえばスムーズに見つかることもあるからです。人気の案件ですし、もしかすると非公開求人のジャンルに入っていることもありますので、なおさら転職サイトや転職サービスを利用することがスムーズに健康保険組合の保健師求人を見つけることにつながるでしょう。(別途、行政保健師の求人はこちらを参考下さい。)

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。