産業保健師を夢見たころと今の比較

男性ではよく、タンスの中に同じスーツが何着も掛けられている・・・・なんて笑い話がありますよね。
特にこう言うのは独身男性に多いそうですが(結婚をすると奥さんが色々と揃えてくれるのでしょうね)、我が家にも同じ洋服が何枚もあったりします。
勿論会社でファッションチェックされる(?)旦那の洋服ではなく、私の洋服。
同じ柄や同じ色の靴下は勿論の事、カットソーやニットセーター等も同じものが何枚もあったりします。
特にこの時期にインナーとしても活躍させられる長袖ハイネックカットソーは、一番多いので同じものが6枚。
オイオイって言われそうですが、最近の私のファッションセンスはかなり男性化しているのだと思います。
前に産業保健師を目指していた頃はもっとセンスよかったんですが。

元々私、ファッションセンスはあまり良くないんですよね。
若い頃はそれなりに頑張って色々試したりもしたのですが、頑張れば頑張るほど何かが変になってしまったり。
それで年を取る毎に着る物に悩むのが面倒になってしまい、極力シンプルなスタイルで過ごすようになりました。
またファッションセンスが良くない割りに洋服の好き嫌いが異様に多いんです。
なので店舗でもインターネットでも好みの洋服を見つけるのがとても大変なので、気に入った洋服を見つけると2着、3着と買うようになり、気づけば同じ洋服がタンスに何着もある!と言う状態に。
しかもトップとボトム、どれを合わせても無難にまとまるような洋服ばかりなので、テキトーにタンスから出して着ても問題ないです。
自分としてはとても便利なのですが、やっぱり女性としてはイマイチですよね。

でも子供や旦那さんの洋服はテキトーに選んだりしませんよ。
私、自分のファッションに関しては全く脳が働いてくれないのですが、人に似合う洋服を見つけるのは何故か大得意なんです。
店舗でもインターネットでも子供や旦那の洋服を探す時は不思議とポンポン良いものが見つけられます。
特に子供の洋服は姉達や友人によく褒められますし、自分でもかなり自信あり。
小さい子供の洋服は選びやすいというのもありますけれどね。
旦那さんも結婚をする前と比べると随分良くなったのでは?と思います。
結婚をする前は私に輪を掛けて酷いファッションセンスでしたから(笑)。

それにしても自分のファッションに関しては呪いでも掛けられているのかと思うほど上手く行かないのが謎です。
多分理想ばかりが高くて、自分に似合う洋服を冷静に選ぶ事が出来ないのが原因とは思いますが。
人のファッションを選ぶ時は一歩引いて選ぶ事が出来るので、上手にコーディネートしてあげられるのでしょうね。

このブログ記事について

このページは、としこが2013年2月 4日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「連休明けの看護師」です。

次のブログ記事は「花見が楽しみな看護師」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。